瀬戸内のおだやかな海で育った天然のナシフグ「讃岐でんぶく」。旨みがぎゅっとつまった、深い味わいのふぐをお届けいたします。

相互リンク
おいしい魚のお惣菜専門店 真魚亭
神林精肉店
こたつ激安通販
マルムラサキ醤油
冷え性対策ショップ
牧場の牛乳・チーズ
讃岐うどん通販「まはろ」
リサイクル携帯
華道具専門店


ホームえびのレシピ
とっておきレシピ
とっておきのレシピをご紹介
☆レシピブログも公開中☆どんどんアップしていきますので、コメントなどお待ちしてます♪
■海鮮太巻き ■行楽・運動会のお弁当 ■エビと青菜のオムレツ ■韓国のピカタ風焼き物 『煎(ジョン)』 ■えびとコーンのフリット ■ペンネとえびのカレーマヨサラダ ■えびの簡単シューマイ

海鮮太巻き

<材料>4人分
材料名 分量
焼き海苔 4枚
すし飯 2合分
水いか(アオリイカ)  1個
お刺身えび 8尾
きゅうり 1本
卵焼き 1本
大葉 8枚
マグロ、サーモン、いくら、
はまちなどお好きなもの2種類
適宜
わさび(お好みで) 適宜

作り方

1. いか、卵焼き、他刺身類はそれぞれ細長く切る。お刺身えびは尾の部分の殻をとり身を縦半分に切る。
きゅうりはヘタを落とし縦に4等分にする。
2. 巻きすの上にすし飯を薄く広げる。その時、向こう側は少し残しておく。
(すし飯の乗っていない部分が閉じ目になります。)
3. 真ん中に大葉を2枚並べて乗せ、その上に細長く切った具材を乗せる。
(大人向けのものにはあらかじめわさびを中央に塗っておく。)
4. 手前からしっかり巻いていき、巻き終わりを下にして置きしばらくなじませる。
具はお好きなものをどうぞ。甘酢生姜や紅生姜を入れるとさっぱりして食べやすいですし、お子様には食べている時に具がスポッと抜けてしまわないようにいかやきゅうりなどは、所々に切れ目を入れておいてあげるといいと思います。
またわさびは作る時に塗らないでわさび醤油につけながらいただく、というのもよいと思います。
  水いか(アオリイカ)商品ご注文ページ  お刺身えび商品ご注文ページ

行楽・運動会のお弁当

<材料>約4人分
材料名 分量
4合
讃岐でんぶくめしの素(2合炊き用) 2袋
讃岐でんぶくから揚げ 1袋
卵焼き 適量
ウインナー 1袋
ブロッコリー 1房
アスパラガス 1束
水いか(アオリイカ) 1枚
お刺身えび 1パック

行楽・運動会のお弁当
※お弁当箱の容量や、ご家族の人数によって変わってくると思いますので分量はキリのいい量にしております。
 『讃岐でんぶくから揚げ』(約7時間)、『讃岐でんぶくめしの素』(約5~6時間)は調理前に冷蔵庫で半解凍の状態まで解凍しておいてください。

■作り方

1. 米4合は洗ってザルに揚げる。炊飯器に洗った米を入れ、『讃岐でんぶくめしの素』の中のふぐの身を取り出し、米の上に乗せる。タレを入れてから、水を4合の水加減まで足して、炊飯器のスイッチを入れて炊く。炊き上がったら、ふぐの身をほぐすようにして混ぜ、おにぎりにする。
2. 『讃岐でんぶくから揚げ』は約170度に熱した油で2~4分ほど、きつね色になるまで揚げる。(大きさを半分に切っても食べやすくてよいと思います。)
3. ウインナーは切れ目を入れ(タコ型やカニ型などがお子様に喜ばれると思います。)炒める。
4. 小房に分けたブロッコリーと、下側の固い筋を取ったアスパラガスは塩茹でにしておく。
5. 水いか(アオリイカ)は皮目に格子状の切れ目を入れ、塩、コショウをする。お刺身えびにも塩、コショウをする。
それぞれに、塩茹でにして適当な長さに切ったアスパラを芯にして巻き、つまようじでとめる。それをフライパンでイカ、えびに火が通るまで炒める。
6. 卵焼きを作る。(ご家庭によって卵に加える調味料や作り方が違うと思いますので省略させていただきます。(^^))
7. おにぎり、おかずが冷めてから、お重やお弁当箱に、彩りよく詰める。
  讃岐でんぶくめしの素  讃岐でんぶくから揚げ  水いか(アオリイカ)  お刺身えび

エビと青菜のオムレツ

<材料>2人分
材料名 分量
エビ 120g
茹でたホウレンソウ
1/3束分
(約100g)
玉ねぎ 1/4個
3個
エバミルク 約大さじ3
バター  大さじ1
塩・コショウ 各少々

エビと青菜のオムレツ

■作り方

1. エビは耐熱皿に入れ、ラップをして電子レンジ(500W)で1分30秒加熱する。その後1cm幅に切る。
2. 茹でたホウレンソウは細かく切って、軽く水気をしぼる。玉ねぎは薄切りにする。
3. フライパンにバター小さじ1と玉ねぎを入れて炒め、しんなりしたらエビとホウレンソウを加えてさっと炒める。軽く塩・コショウをする。
4. 卵を溶きほぐして塩・コショウ各少々をふり、炒めた玉ねぎ、エビ、ホウレンソウとエバミルクを加える。
5. フライパンにバター小さじ2を溶かして、4を流し入れ、箸で大きくかき混ぜる。半熟状になったらふたをして、火を弱めて中に火が通るまで焼く。
  お刺身えび商品ご注文ページ

韓国のピカタ風焼き物 『煎(ジョン)』

<材料>6人分
材料名 分量
お刺身えび 6尾
水いか(アオリイカ) 1パイ分
朝鮮カボチャ
(またはズッキーニ)
1本
塩・こしょう・小麦粉 各適量

 卵
 塩

4~5個
少々
薬念(酢しょうゆ)
 しょうゆ
 酢
 レモン汁
 すりゴマ
 ゴマ油

大2
大1
大1
少々
少々

韓国のピカタ風焼き物『煎(ジョン)』

■作り方

1. えびは塩、こしょうする。
2. いかは食べやすい大きさの短冊切りにして、塩、こしょうする。
3. 朝鮮カボチャは厚さ5~6ミリの輪切りにし、塩をふる。しばらく置いて水気を  ふく。
4. ボウルに卵を割りいれ、塩を少々入れてときほぐす。
5. えび、いか、朝鮮カボチャに茶こしを使い、小麦粉を薄くまぶす。
6. 熱したフライパンにゴマ油をひいて、小麦粉をまぶした材料をとき卵にくぐらせ両面をじっくりと中火で焦げないように焼く。
7. 器に彩りよく盛り合わせ、材料を合わせた薬念(酢じょうゆ)を添える。
  お刺身えび商品ご注文ページ  水いか(アオリイカ)商品ご注文ページ

えびとコーンのフリット

<材料>4人分
材料名 分量
えび(刺身用) 12尾
ホールコーン(缶詰) 120g
あさつき 3本
てんぷら粉 70g
炭酸水(水 でもOK) 100cc
揚げ油 適量
適量

えびとコーンのフリット

■作り方

1. えびは尾を取って 2~ 3等分し、あさつきは小口切りにする。
2. ボウルに天ぷら粉を入れて炭酸水(または水)で溶き、1 (えび、あさつき)と コーンを混ぜる。
3. 揚げ油を約170度に熱し、2をスプーンですくい落としながら揚げる。
4. 揚げたてに塩をふる。 ※天ぷら粉を炭酸水で溶くと、水の時よりもふわっと仕上がります。
  お刺身えび商品ご注文ページ

ペンネとえびのカレーマヨサラダ

<材料>4人
材料名 分量
ペンネなど好みのショートパスタ 150g
お刺身えび 200g
きゅうり 1本
にんにくのすりおろし 2かけ分
しょうがのすりおろし 親指大
1かけ分
カレー粉 小さじ2
白ワイン(なければ酒) 少々
オリーブオイル 大さじ1
塩 こしょう サラダ油 マヨネーズ -


ペンネとえびのカレーマヨサラダ

■作り方

1. お刺身えびは、塩、こしょう各少々と白ワインをもみ込む。きゅうりは薄い輪切りにし、塩少々をふって5分ほどおき、水けを絞る。熱湯5カップに塩大さじ2を入れ、ペンネを袋の表示より1分ほど長くゆで、水けをきる。オリーブオイル大さじ1をからめ、バットなどに広げてさます。
2. フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、にんにく、しょうがを炒める。香りが立ったらえびとカレー粉を加え、えびの色が変わるまで炒めて取り出す。さめたらマヨネーズ大さじ7を加えて混ぜ、ペンネ、きゅうりも加えてひと混ぜする。
  お刺身えび商品ご注文ページ

えびの簡単シューマイ

<材料>4人分
材料名 分量
お刺身えび 6匹
鶏ひき肉 300g
小さじ1/4
しょうゆ 大さじ1/2
大さじ2
しょうが汁 小さじ1/2
かたくり粉 大さじ2
ねぎ 1/2本
貝割れ菜 1パック
練りがらし 適宜
かたくり粉 -
塩、酒、酢、しょうゆ -


えびの簡単シューマイ

■作り方

1. えびは塩水で洗い、背ワタをとって酒、塩各少々をふり、ラップフィルムで覆って電子レンジに約1分間かけ、殻をむいて二つに切る。
2. 鶏ひき肉はボウルに入れて練り、カッコ内の材料と、みじん切りにしてかたくり粉小さじ2をまぶしたねぎを加えてよく練り混ぜ、12コのだんご状に丸める。
3. 2のだんごにえびをのせて、かたくり粉を全体に薄くつけて形を整え、耐熱性の皿に放射状に並べ(左ページ写真)、ラップフィルムで覆って電子レンジに2分30秒間かける。
4. 貝割れ菜は根元を切って洗い、さらに半分の長さに切って3とともに盛り、からし酢じょうゆでいただく。
  お刺身えび商品ご注文ページ
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス